Latest Posts

白一色ではない!?ウェディングドレスの白の種類

白一色ではない!?ウェディングドレスの白の種類

ウェディングドレスの白には3種類ある

ウェディングドレスというと、最も想像しやすい色が白ですよね。お色直しでカラードレスを選ぶ人も多いですが、最も憧れられるのは、やはり白のドレスです。ウェディングドレスの白は、実は3種類あります。ホワイトとオフホワイト、そしてアイボリーの3種類で、与える雰囲気もそれぞれ異なるので確かめてみるとよいでしょう。この3種類の中からどれを選ぶかは、好みもありますが、肌の色や体型などから選ぶとよいとされているので、式場スタッフと相談することがおすすめですよ。

ホワイトのドレスが似合う人

ウェディングドレスの純白のイメージに最も沿うのが、ホワイトのドレスです。真っ白で光沢のあるようなドレスを想像するとわかりやすいですね。しかし、このホワイトのドレスの割合は意外と少なく、国内のドレスのおよそ2割程度でしかありません。ホワイトのドレスは、一般的に青白い肌をしている人に合うとされています。逆に、色黒の人であっても、ドレスの白が際立つので似合います。

オフホワイトのドレスが似合う人

白色の中でも中間色にあたるオフホワイトは、ウェディングドレスの中でも最も多い色とされています。女性らしいやわらかな印象を与えるドレスなので、人気のある色でもあります。数が多いので、デザインも様々あり、試着しやすいのがうれしいですよね。また、オフホワイトは、肌の色を選ばない万能色でもあり、黄色人種の日本人の肌にも十分マッチする色です。色で迷ったならば、オフホワイトを選んでみてください。

アイボリーのドレスが似合う人

アイボリーとは、黄みがかったホワイトのことを言います。ドレス単体だけでは色味が強く感じられますが、着用すれば馴染んで、肌が明るく見えるのでうれしいですよね。肌の黄色みが強い人には特に似合います。

結婚式は、主役の二人だけでなく招待するゲストも楽しむことが大切です。名古屋の結婚式場では、様々なプランを準備して幅広いニーズにこたえることが可能です。

Related Posts

Read also x